離煙パイプ公式

禁煙を宣言する

私が実行した禁煙法で、みなさんにもおすすめの方法を紹介します。
離煙パイプを使う禁煙法とは、いささか異なりますが、

それは、「私は禁煙しました!」と宣言することです。
もちろん禁煙の意思を固めてからになりますが、家族、友人、職場の仲間達などに、高々と禁煙を宣言します。

実際にわたしは、禁煙を開始してから、周りの人たちに自分が禁煙を始めたことを伝えてまわりました。

それは、15年間もタバコを吸い続けてきた自分が禁煙することを決意した小さな誇らしさみたいなものでもありましたし、もちろん昔から私を知る人は、私がタバコを止められるだろうとは思ってもいないだろうから、ちょっとした自慢というか、「どうだ!」みたいな気持ちだったのかも知れません。

これは意外と気分の良いものです。
長年タバコを吸い続け、禁煙なんて無理とはなからあきらめられているような人ほど、気分爽快です。

そして、周りに禁煙を宣言する行為は、禁断症状の強い禁煙開始直後の数日間や、ちょっと一本吸いたくなってしまう油断が心をよぎったときに効果絶大です。

もうタバコを吸わないと決断し、周りに高々と禁煙を宣言してしまった以上、その決定を覆すほどかっこ悪いことはありません。

自分の禁煙宣言が、完全ニコチン離脱への一歩一歩を後押ししてくれます。そして、おそらく一ヶ月もすれば、ほんとうにタバコを必要としない体に戻っているはずです。

禁断症状のない禁煙方法はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。