離煙パイプ公式

タバコが必要ないことを喜ぶ

禁煙を始めた方は、どうぞ
もうタバコが必要ないという状況を喜んでください。

わたしも以前は常にタバコを持っていないと安心できませんでした。
どこかへ移動するときも、財布はあるか、携帯はあるか、タバコはあるかを確認するのが日課でした。


タバコが常備されていないと不安だったわけです。
夜の11時にはタバコの自動販売機が停止しますから、10時くらいに残りが5本しかない。

こんなときは、心がそわそわして、新しいタバコを買いに行くという状態でした。

いやぁ〜かっこわるいですねぇ。
当時のわたしにとって、タバコは切っても切り離せない存在でした。
この常に「携帯していないと不安になるもの。」
から、ぜひタバコという文字をなくしてみてください。

ものずごくすっきりします。
夜中の2時、3時。いらだつ心を抑えながら、動いていないタバコの自動販売機を横目に、
コンビにまで歩く必要もありません。

もう、ちょっとした階段の上り下り程度で息切れすることもありませんし、ズボンのポケットにタバコの葉っぱがたまることもありません。歯にタバコのヤニがつくこともありませんし、喫煙者独特のいやな口臭をだすこともありません。

私達はもともとタバコを吸うように生まれてきたわけではありません。
タバコを必要としないことは、喜ばしいことですし、とても自然なことです。

禁断症状のない禁煙方法はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。