離煙パイプ公式

二度とタバコを吸わないと決断する

禁煙成功の2つ目のポイントは、
「二度とタバコを吸わないと決断する。」
ということです。
離煙パイプを使ってタバコを吸っているうちに、いつしか、あんまりタバコを吸いたいと思わない。という時期が訪れます。

ここで、
「じゃあ、今日からタバコを吸うのをやめよう。」
となると禁煙スタートです。

離煙パイプを使う前と比べると、体内は確実にクリーンになっていますし、ニコチンの量も減少していますから、普段はタバコを吸いたいとは考えないでしょう。

注意したいのは、お酒を飲んだときや、強いストレスを感じたときです。

お酒を飲んだときは、確実に気持ちが緩みます。
「もう禁煙は成功している。ためしに一本だけ吸ってみよう。」
この発想がそれまでの禁煙活動を台無しにします。

また、タバコを吸う友人などから一本吸うようにすすめられるかも知れません。

ここで大事なのは、
「もうタバコを二度と吸わない。」
という「決断」です。

タバコを二度と吸わないと、意思を決めて、誘惑を断ち切るわけです。

なにか強いストレスを感じたときも同様です。
タバコを吸わない人でも、もちろんストレスは感じますし、タバコという毒物に頼ることなく、ストレスをやりくりしています。

せっかく成功した禁煙です。
「ちょっと一本」で喫煙者に逆戻りでは、もったいないですよね。

禁断症状のない禁煙方法はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。