離煙パイプ公式

体がタバコを求めるカラクリ

タバコを吸うことによって、つまりニコチンを体内に取り入れることによって、次のタバコが欲しくなるわけです。

一本のタバコを吸うことが、次のタバコにつながるのですから、どこかでその一本を断ち切らない限り、ずっとタバコを吸い続けるということになります。
このことが理解できると、

「一日5本だけタバコを吸う。」
「お酒を飲んだときだけタバコを吸う。」
「毎晩、寝る前に一服だけする。」

などというタバコの吸い方はありえないことに気がつくはずです。
結局、残念ながらニコチンに依存したままなのですね。

禁煙を成功させるには、もうタバコを吸わないと決断する意思の力と、ニコチンに依存してしまった体からニコチンを離脱させる力が必要です。

離煙パイプは、この、「体からニコチンを離脱させる」ことを容易にした商品です。毎日違うパイプを31日間使うだけ。

喫煙者はタバコを遠ざけられること、タバコが吸えないという状況を非常に怖がりますから、毎日、今まで吸っていたのと同じ本数のタバコを、いつもどおりに吸ってかまわない。という。

僕も元、喫煙者ですからこの心境はすごく分かります。
禁煙したいんだけれども、普通にタバコを吸っていて構わない。
これは矛盾しているようで、すごい安心感を与えてくれるわけです。

そして離煙パイプを使って、いつも通りにタバコを吸っているだけで、一日で3%、二日で6%、5日もすると15%もニコチンやタールの量を減らすことができるのです。

禁断症状のない禁煙方法はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。